ジュエリー職人が語る結婚指輪の相場!

結婚指輪の相場を解説

未分類 結婚指輪の選び方

結婚指輪に裏石は入れた方がいいの?裏石のメリットと注意点!!

投稿日:

 


 

今では多くの結婚指輪にみられる裏石のリング

 

裏石とはリングの外側ではなく
内側に石を留めてあるタイプの石留方法のことです。

 

指にはめている時には石が隠れてしまうので
見る事はできないため別名「シークレットストーン」とも
呼ばれています。

 

そんな裏石ですが

皆さん
どのような石選びをしてるのでしょうか?

そこで今回は
裏石の選び方やおすすめの指輪のタイプについてご紹介します。

 

裏石は何のために入れるのか

「裏石」とは指輪の内側に留めてある宝石のことです。

 

そのため

指にはめてしまったら指輪の内側に留めてある裏石は見る事ができません。

では何のために入れるかご存じですか?

 

裏石には色々な意味がありますが
一番大きな意味としては
それぞれの石の持つエネルギーを取り入れるということです。

 

天然の石にはそれぞれオリジナルのパワーがあり
そのパワーを取り入れるために裏石として入れてあるんです。

 

ただ、どちらかといえば
内側に石を入れることで運気が上がるというよりは
お守りに近い存在といった方が良いですね。

また、パワーストーンは直接肌に触れている方が
より効果を発揮するとされているため
指輪の外側ではなく、直接肌に触れる内側についているんです。

 

どのような宝石を裏石に入れれば良いの?

裏石として指輪の内側に宝石を入れる場合に
どのような選び方をすれば良いのでしょうか?

一番多い選び方としては「自分の誕生石」を入れるケースです。

 

自分の誕生石は馴染みも深く愛着がわきやすいため
石とのフィーリングも良いからです。

1月 ガーネット
2月 アメシスト
3月 サンゴ、アクアマリン
4月 ダイヤモンド
5月 翡翠、エメラルド
6月 パール、ムーンストーン
7月 ルビー
8月 ペリドット
9月 サファイヤ
10月 オパール
11月 トパーズ、シトリン
12月 トルコ石 

このように誕生月ごとに誕生石が決まっています。

 

また誕生石リングの歴史はとても古く「旧約聖書」が起源とも言われていて
「災難をよけ幸せがくる」と言われているのも好まれる大きな理由の一つです。

ただし、誕生石によっては石自体の強度が弱い石もあるため
そのような石は裏石としては不向きな石もあります。

そのような場合には誕生石にとらわれず
自分の好きな宝石を選ぶようにしましょう。

 

<裏石として不向きな石>

サンゴ、パール、エメラルド、ペリドット
オパール、シトリン、トルコ石

 

これらの石は
強度が弱い上に汗や皮脂によって変色してしまいやすいので
裏石としてはおすすめしていません。

 

目標や願いにちなんだ裏石をいれる

裏石としていれるパワーストーンには
それぞれに多様なエネルギーの特徴を持っています。

そのためその特徴に合わせて裏石選びをすると良いと思います。

金運・幸運
仕事運
心身の健康
人間関係
才能開花・成長
お守り

 

これらの願いや発展を込めて裏石に入れる石を決めることで
より結婚指輪に深い愛着がもてるようになります。

裏石を入れるときの注意点

ここまでは裏石の選び方についてお話してきましたが
ここでは注意点をお話したいと思います。

 

裏石を入れる時の注意点

・サイズ直しができない部分に裏石を入れない
・内側に刻印が入れられない場合がある
・汚れが溜まりやすいの

実は内側に石を入れる場合にはこのような
注意点があるんです。

<サイズ直しをできない>

サイズ直しができない部分に裏石を入れない
という注意点に関してはとても重要で
サイズ直しをする部分に石に裏石が入っている場合
サイズ直しができないか、裏石を外してサイズ直しをしなければいけません。

そのため
内側のどこに石を入れれば、サイズ直しに問題ないのかを
事前にお店の方に確認しておきましょう。


 

<刻印が打てない>

結婚指輪に記念日やメッセージを入れたい場合には
裏石に気を付けてください。
短い刻印であればそれほど問題はありませんが
長い文字数を入れたい場合には内側の石が邪魔になってしまう
場合があります。


 

<汚れが溜まりやすい>

裏石は指に直接接しているため汗や皮脂、皮膚の垢が
つきやすく不衛生になりがちなので
こまめにブラシなどで汚れを落とすようにしてください。
眼鏡ショップの前にある眼鏡用の超音波洗浄機でも
汚れを落とすことができますが、入っている石にによっては
割れてしまう可能性があるので注意してくださいね。

 

まとめ

結婚指輪に裏石を入れることで
より一層愛着の深い指輪を選ぶことができます。

 

石の選び方としては
誕生石であったり、願いや目標を叶えるパワーストーンなどが
おすすめですが

石によっては強度が弱く割れやすいモノもあるので
できるだけ弱い石を選ぶのは避けるようにしましょう。

裏石は普段、目に付くことのない石なので
入れない方もいますが内側に小さな石を入れることによって
特別な意味合いを結婚指輪に含めることができます。

 

そのため

2人だけの秘密の願いや誓いを結婚指輪に持たせたい方には
おすすめだと言えます。

 

また
加工賃も安く3000円から5000円で石を入れられますし、
サービスとして無料でいれてくれるブライダルショップも
多いので気になる方は一度相談してみましょう。

-未分類, 結婚指輪の選び方

Copyright© 結婚指輪の相場を解説 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.