ジュエリー職人が語る結婚指輪の相場!

結婚指輪の相場を解説

結婚指輪の相場 素材で選ぶ

「結婚指輪の相場」素材選びは重要なの!?

更新日:

 

こんちにはジュエリー職人の隆です。

今回のテーマは「素材(地金)の金額」です。

結婚指輪を購入する時に重要なのが素材です。

ジュエリー店などでは「地金」とも呼ばれていますね。

ではなぜ素材選びが大切なのでしょうか?

 

なぜなら

選ぶ素材によって結婚指輪をの金額が全然違うからです。

 

ではどれくらい金額が変わるのでしょうか?

 

わかりやすく説明していきますので
お付き合いください。

 

素材の種類

 

一般的に結婚指輪やジュエリー全般で
使われる素材といえば

・プラチナ
ゴールド
シルバー(あまり多くはありません)

この3種類がほとんどです。

 

プラチナ・金・銀の現在の価格はどれくらいなのか?

2017年10月20日時点での価格を調べてみると

プラチナ 1g 3,724円
金 1g 5,093円
銀 1g 70円

プラチナ・金はかなり高額ですね。

ただし

プラチナや金の相場価格は毎日変わるので
いつも上記の価格というわけではありません。

とはいえ
銀(シルバー)に比べて

「プラチナ」と「金」はかなり高価な素材という
事だけ覚えておいてくださいね。

 

結婚指輪を購入するならどの素材がお得?

ハッキリいって「銀(シルバー)」
の結婚指輪ならかなりお手頃価格で購入できます。

銀で作られた指輪であれば1万~数万円の範囲で購入が可能です。

特にティファニーではシルバーを使ったジュエリーを
多く取り扱っているので

ティファニーが大好きな人であればシルバーという選択もありだと思います。

 

では「プラチナ・金」の場合だとどれくらいなのか?

素材がプラチナや金になると
数万円~数百万と一気に値段が跳ね上がります。

 

このように

素材によってここまで値段に差がでてしまうんです。

素材の価格が安い時にジュエリーを購入すればお得?

先ほど素材の値段は毎日変動していると説明しました

では

素材の価格が安いタイミングでプラチナや金のジュエリーを
購入すればお得なのでしょうか?

 

答えは「NO」です

店頭に並んでいる商品は
素材(地金)の価格変動に左右されないんです。

 

つまり

今日のプラチナの値段が1g3,000円で
翌日にプラチナの価格が下落して1g2,000円になったとしても
店頭で販売してるジュエリーの価格は全く変わらないということです。

そりゃそうですよね

毎日素材の価格変動に合わせて
商品の値段を変えていたら販売員も大変ですからね。

ただし

素材の価格が
「10分の1」に下がった
「10倍」に上がった

という場合には商品の値段も変わる可能性はありますよ!

まぁそのような事が過去に起こった事はないので
心配する必要はありませんが・・

結婚指輪に使われる素材の値段は?

結婚指輪にはどれくらい(何g)の地金が使われているのでしょうか?

これに関しては結婚指輪のデザインやサイズによって
だいぶ違ってくるので何とも言えませんが

ジュエリー職人としての経験上

指輪1本あたり5g~15gの間で作られていることが多いです。

 

仮に10gの結婚指輪の場合

プラチナ→約37000円
金→約50000円
銀→約700円

が10gで作った場合の素材(地金)の価格です。

銀は10gで700円・・・

このように素材によって結婚指輪の価格は
全然違ってしまうんですね。

もちろんこれは素材だけの値段なので
実際に購入する時には数倍の値段となって店頭に並びます。

 

「結婚指輪を素材(地金)で選ぶ」まとめ

 

銀の結婚指輪であれば数万円で購入できるが
プラチナ・金は1gの価格が高いので購入する場合は
数万円~数百万は必要!

ただし

結婚指輪のデザインやサイズによっては
プラチナ・金の使う量(g)が違ってくるので

少量の素材しか使用しない場合には
数万円で購入もできます。

>>高品質の結婚指輪を安く作る方法は?

-結婚指輪の相場, 素材で選ぶ

Copyright© 結婚指輪の相場を解説 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.