ジュエリー職人が語る結婚指輪の相場!

結婚指輪の相場を解説

結婚指輪のルール 未分類 結婚指輪の選び方

今さら聞けない結婚指輪とペアリングの違いとは?指輪職人の部屋。

投稿日:

 


 

「結婚指輪」と「ペアリング」この2つ違いについて
知っていますか?

意外とみなさん知らない方が多いのではないでしょうか。

通常、付き合っている時に購入するのがペアリングで
そしてその後に結婚してから購入するのが結婚指輪とされています。

 

では

もともとつけているペアリングを結婚してから
結婚指輪として使ってはいけないのでしょうか?

 

そこで今回は
結婚指輪とペアリングの違いについてお話したいと思います。

 

結婚指輪とペアリングの違い

ペアリングと結婚指輪はどのような点で大きく違うのかというと。

指輪による意味の違いです。

 

これは結婚指輪と婚約指輪でも同じことが言えますが
指輪によってそれぞれ意味合いが変わってきます。

 

もちろんペアリングはお付き合いをしてる男女が
するためのリングのため結婚指輪に近い指輪のように
思ってしまう方も多いのですが

実は似ているようで似ていないんです。

 

<ペアリング>

ペアリングは結婚指輪とは違い自由度がとても高いリングです。

そのため地金はシルバー素材の物が多く
デザインもファッション性に溢れ、宝石なども天然の石ではなく
人口石を使っているものが多くあります。

どちらかというと愛の誓い指輪というよりも
2人の価値観と共感性を分かち合う指輪と言った方がしっくりきます。

 

<結婚指輪>

ペアリングとは異なり結婚指輪は
「愛の血管が心臓までつながっている印」
として大事な男女の証しとして指につけます。

デザインもペアリングとは大きく違い
末永く使いやすいデザインの物が多く、使われている地金も
輝きが失われないプラチナや金のものがほとんどです。

このように2つの指輪には意味合いの違いの他にも
素材やデザインでの違いも多くあります。

 

ペアリングは2人でファッション感覚として楽しむのに比べ
結婚指輪は「2人の愛を永遠に誓い合う」といった意味合いから

長い年月使える地金であったり、
ストレスにならないデザインであることが重要視されています。

 

結婚指輪としてのペアリングとは

先ほど2つの指輪の違いについてお話しましたが

結婚指輪をペアリングのようにデザインしてる指輪があります。

これをセットリングと呼んでいます。

どのようなリングかというと
男女2本の指輪を合わせることで一つのデザインになるもので
ハートであったり、愛のシンボルであったり
デザインは豊富にあります。

 

しかも

通常のファッション性を重視しているペアリングとは違い

結婚指輪と同じくらい品質が高い上に
日常生活でも使いやすい指輪になっています。

 

ただし、実際に指輪は男女1本づつそれぞれ指につけるため
指にはめている状態の場合だと、どのようなデザインかわからないと
いうデメリットはあります。

しかし、逆にいえば2人にしかわからないデザインという点では
2人だけの秘密の愛のを共有できるので
結婚指輪をセットリングにするという選択肢も十分にありだと思います。

 

リングのタイプとしては
一文字(ストレート)・V字(Vライン)・S字ラインなど
色々な種類があるので、好みに合わせてペアリングを
決めることができます。

 

まとめ

結婚指輪とペアリングの大きな違いとしては

指輪による意味の違いが大きく

 

ペアリングはファッション性と重視していて
結婚指輪は愛の絆としての意味を重視しています。

 

ペアリングはシルバーなどの素材が多く
流行のデザインを取り入れているので
低価格で購入できますが、
長期的に使う指輪としてはあまり向いていません。

 

その点、結婚指輪は長い年月輝きを失わないように
プラチナやゴールドで作られているうえに
デザインもシンプルで日常生活で使いやすいものになっています。

また結婚指輪にはセットリングといわれる
ペアリングとはまた別の種類があり

 

特徴としては

2本で1つのモチーフが表現されているので
2人の絆をより深めたいという方であればおすすめです。

-結婚指輪のルール, 未分類, 結婚指輪の選び方

Copyright© 結婚指輪の相場を解説 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.