ジュエリー職人が語る結婚指輪の相場!

結婚指輪の相場を解説

指輪の修理 結婚指輪の作り直し 未分類 結婚指輪の選び方

結婚指輪でミル打ちのタイプを選ぶと後悔するって本当なの?

投稿日:


 

ミル打ち加工の結婚指輪を購入して後悔している方は
いるのでしょうか?

 

実はミル打ち加工の指輪を買って
数年後に後悔してる人がたまにいます。

 

ではなぜ後悔してしまったのでしょうか?

 

もちろん新品の時はみなさん大満足されています。

 

ここにはミル打ち加工ならではのデメリットがあるんです。

 

ミル打ち加工はどのように作られるの

 

知っている方も多いかもしれませんが
ミル打ち加工とは粒の玉を見る鏨で打って作りだされています。

 

職人さんが一つ一つ手で入れているため
とても繊細かつ高い技術で作られています。

 

あの粒々の一つ一つが手打ちで作れているなんてすごいですよね。

 

しかも、粒々の大きさも色々とあるので
単純に同じミル打ちと言っても全く違った表情をだすことができます。

 

太いタイプのリングであれば大き目のミル打ち
華奢で細身のリングであれば小さめのミル打ち

 

このようにリングの大きさやタイプによって
ミル打ち加工を楽しむことができることが
ミル打ち加工の最大の魅力ではないでしょうか?

 

ミル打ち加工のデメリットと後悔したケース

 

なぜミル打ち加工のリングで後悔してしまうのか?

 

それは

使い続けていくうちに粒々が削れて
なくなってしまうからなんです。

 

せっかく、ミル打ちが気に入って購入したのに
いつの間にかなくなっていたと言う方が多いんです。

 

ではなぜなくなってしまったのでしょうか。

 

それは、日常生活の中で摩擦によって削れてしまったからなんです。

 

日々の生活の中でモノを掴んだり、壁や手すりを触った時などに
摩擦で削れてしまいます。

 

もちろん指輪は金属性なのでスグに削れて無くなってしまうと
言うわけではありませんが、

数年間もつかっていれば自然とミル打ちはなくなってしまいます。

 

あんなに素敵だったミルがいつのまにかツルツルに
なってしまったなんてことが起こるわけなんですね。

 

またミル打ちリングのデメリットはこれだけではありあません。

 

じつはサイズ直しがしにくい指輪でもあるんです。

 

サイズ直しは指輪を一度切断して、またくっつける作業をします。
そのため繋ぎのミルが絶対に消えてしまうんです。

 

サイズ直しをする職人がとても技術が高い方であれば
サイズ直しをした部分を再度綺麗にミル打ち加工をしてくれますが
あまり期待はできません。

 

やはり、若干サイズ直しした部分に違和感がでてしまう

可能性があります。

 

ミル打ち加工の結婚指輪はやめた方がいいのか?

 

ここまでデメリットをお話してきましたが
別にミル打ち加工がダメだというわけではありません。

 

デザイン的にとても上品で繊細な魅力をもっていますし
シンプルなのにも関わらず飽きのこない優れた技術だと思います。

 

もし、摩擦などによって削れてなくなってしまうのが嫌なのであれば
購入まえにお店に方にミル打ち加工の打ち直しは可能なのかを確認しておきましょう

 

たいてい購入したお店の商品であれば
ミル打ちの入れ直しはしてくれるはずですが

場合によってはやってくれないお店もあるので注意です。

 

また、入れ直しの金額もしっかり確認しておきましょうね。
あまりにも高いようであれば他のお店をおすすめします。

 

この時にサイズ直しについてもしっかり相談しておけば

後々
「サイズ直しができない」
「サイズ直しをした所がミル打ちされいない」

などのトラブルがなくなります。

 

まとめ

ミル打ち加工の結婚指輪は長い年月使っていると
日常生活の中で摩擦などによって削れてなくなってきてしまいます。

 

また、サイズ直しをすると

ミル打ち加工の部分がなくなってしまう可能性があるので
サイズ直しをする前に必ず確認をしておきましょう。

 

ミル打ち加工の入れ直しは
やってくれるお店とやってくれないお店があるので
必ず購入前に確認しておいてくださいね。

 

-指輪の修理, 結婚指輪の作り直し, 未分類, 結婚指輪の選び方

Copyright© 結婚指輪の相場を解説 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.