ジュエリー職人が語る結婚指輪の相場!

結婚指輪の相場を解説

石なしの結婚指輪 未分類 結婚指輪の選び方

石なしの結婚指輪はどれがおすすめ?職人が教える指輪の基礎知識!!

投稿日:

 

結婚指輪には大きく分けて「石あり」「石なし」
2つのタイプがあります。

 

どちらもデザインが豊富にありますし
魅力的なリングであることには間違いありません。

 

しかし

予算の都合などや仕事上、石ありの指輪を
選ぶことができない方もいるのではないでしょうか?

 

そこで今回は「石なし」の指輪
選ぶときにどのような選び方をすれば良いのか
ご紹介したいと思います。

 

石なしタイプにはどのような種類があるの?

 

最初にいっておくと
「石あり」と「石なし」ではどちらの方が優れている
といったようなことはありません。

なぜなら
どちらの場合であっても魅力はありますし
何かが劣っているといったこともないからです。

では

石なしにはどのようなタイプがあるのでしょうか?

・一本腕タイプ
・V字腕タイプ
・抱き合わせ腕タイプ
・ひねり腕タイプ
・割り腕タイプ

 

※一般的に指輪の形のことを「指輪の腕」と
呼びます。

また腕の断面にもそれぞれ形があります。
この断面によっても指輪の印象はかなり違って
来るのでとても大切です。

 

・甲丸
・剣腕
・シノギ
・平打ち
・平甲丸

 

石なしの指輪を選ぶ場合には
この腕と断面の形を選ばなければいけません。

 

結婚指輪としてはおすすめできない腕の形

 

色々な種類の腕をご紹介しましたが
結婚指輪としておすすめできないのが

・ひねり腕タイプ
・割り腕タイプ

この2つのタイプはおすすめできません。

 

なぜなら

この2つのタイプはサイズ直しができないからです。

 

サイズ直しはどのように行うのかというと
一度指輪を切ってからサイズを小さくしたり、大きくしたりします。

 

そのため

一ヶ所、指輪に切れ目を入れても
腕がバラバラにならない指輪でなければいけないんです。

ひねり腕・割り腕タイプの指輪は
どこか一ヶ所切れ目を入れてしまうとバラバラになってしまう
ためサイズ直しができないんです。

それに比べて他の腕のタイプであれば
一ヶ所切ってもバラバラにはならないので
安心です。

たとえ購入する時にピッタリのサイズであったとしても
指のサイズは変わりやすいので将来的なことを考えたら
サイズ直しができる指輪選びは大切です。

 

腕の断面はどれがおすすめ?

結婚指輪の作りとして最も多い腕の断面は

・甲丸
・平打ち
・平甲丸

この3タイプになります。

 

その3タイプをおすすめする理由としては何と言っても
指に馴染みやすくストレスにならないという点です。

得に指にストレスがかからないというのは
結婚指輪として選ぶうえではとても重要です。

 

なぜなら

指に馴染まず使いづらい指輪は長年使い続ける
結婚指輪としてむいていないからです。

 

剣腕とシノギの場合は山状になっていたりゴツゴツした作りになって
いるのでモノが握りにくくなる場合があったり
逆に握ったモノが傷ついてしまう可能性もあります。

このように

腕だけではなく腕の断面も指輪選びをする上で
覚えておくと後々後悔することはなくなります。

 

まとめ

石のない指輪のタイプにはおおまかに5種類の腕がある。
腕とは指輪の形のことで

・一本腕タイプ
・V字腕タイプ
・抱き合わせ腕タイプ
・ひねり腕タイプ
・割り腕タイプ

基本的にはこの5種類が有名です。

 

しかし

ひねり腕タイプと割り腕タイプは
サイズ直しができないという問題があるため
結婚指輪としてはおすすめできません。

また

腕の断面のタイプでも
シノギまたは剣腕は日常生活の中でストレスに
感じてしまう可能性があるので
他のタイプの形をした指輪を選びましょう!

 

-石なしの結婚指輪, 未分類, 結婚指輪の選び方

Copyright© 結婚指輪の相場を解説 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.