ジュエリー職人が語る結婚指輪の相場!

結婚指輪の相場を解説

指輪の研磨 指輪のクリーニング 未分類

結婚指輪は変色してしまうの?変色しにくい指輪と綺麗にする方法は?

投稿日:


 

結婚指輪といえばいつまでも輝き続けている
イメージがあるかとは思います。

 

しかし、長い年月使用していると
いつの間にか変色してしまい、くすんでしまうんです。

 

ただし変色しやすい、変色しにくいというのは
指輪の素材によってかなり違ってきます。

 

そこで今回は結婚指輪の変色についてお話したいと思います。

 

なぜ金属は変色してしまうのか?

 

そもそもなぜ結婚指輪は変色してしまうのでしょうか?

 

それは金属の表面が空気中の物質であったり
日常生活の中で触れる成分が指輪の金属と反応して
くすんでしまったり、変色してしまったりしてしまうからなんです。

 

ただ、使われている金属によって
変色しにくいものと、変色しやすいものがあるので
変色がしにくい順にランキングでご紹介します。

 

1位 チタン

2位 プラチナ

3位 ゴールド(18K)

4位 ゴールド(10K)

5位 シルバー(銀)

 

このように金属の種類によって変色のしやすさが変わってきます。

 

ただし

変色しにくい地金を選べば良いのかというとそういうわけではありません。

 

どういうことかというと

地金によってそれぞれメリットとデメリットがあるで
それを知った上で地金選びをすれば後々後悔することはありませんよ。

 

ではそれぞれどのようなメリットとデメリットがあるのか
一つづつ説明していきますね。

 

<チタンのメリット>

チタンは変色しにくい上にとても硬い金属なので
一番輝きが長くキープできる金属です。

また様々な色のメッキを表面につけることができるので
カラーバリエーションも多い金属の一つです。

価格もいのでお金に余裕のない20代に人気の地金です。

 

<チタンのデメリット>

チタンは特殊な機械を使って指輪を作っているのでサイズ直しができません。

また、削り出して作っているためシンプルなデザインの
指輪しか選ぶことができません。

 


 

<プラチナのメリット>

昔からジュエリーの素材として使われてきた
唯一無二の輝きを持っています。素材としても安定しているので
変色することなく長い年月輝きをキープしてくれます。

地金としての価値もとても高く資産にできるというメリットもあります。

 

<プラチナのデメリット>

地金自体の価格が高いので、指輪の値段も高価になってしまいます。

また、地金の中でも柔らかい地金のため表面に傷がつきやすいんです。
そのためプラチナの輝きな失割れる原因としてこの表面の傷がほとんです。


 

<18金のメリット>

プラチナと同様に安定した素材なので変色しにくく
長い年月輝きをキープしてくれます。

また、金には色々なタイプがあるので自分の好みに合わせて
金の種類を選ぶことができます。

もちろん地金としての価値も高いので資産になるというメリットもあります。

 

<18K(18金)のデメリット>

金は高価な地金のため当然結婚指輪の値段も高くなってしまいます。


 

<10K(10金)のメリット>

18Kより金の純度を低くしてる分、
18Kよりもお得な価格で購入することができます。

純度が低いからと言って色味が安っぽくなることはありませんし、
変色もしにくい素材として好まれています。

 

<10K(10金)のデメリット>

18Kの良さを持ちつつも価格がお手頃なので結婚指輪にあまり予算が
ない方にはおすすめですが、
純度を落としている分変色しやすくなって
しまいます。


 

<銀のメリット>

銀のメリットとしては何と言っても価格の安さです。

また、デザインも豊富なので人とは違った個性的なデザインの
リングを探している方にはおすすめです。

 

<銀のデメリット>

指輪にする地金の中で一番変色しやすい素材です。
半年も使っていると黒く変色してきまいます。

 

このように地金によってメリット・デメリットがあるので
変色しにくいから良いというわけではありません。

 

それぞれの目的にあった素材選びをしてくださいね。

 

どういう場合に変色してしまうの

 

ハッキリ言って絶対に変色をしない方法というのありません。

 

結婚指輪として毎日指につけている以上必ず変色はしてしまいます。

 

もちろんチタンやプラチナや金の素材で作られた指輪であれば
変色はしませんが

 

使用しているうち表面に汚れや傷がついてしまい
輝きはどんどん失われてしまいます。

 

また銀は大気中の空気と硫化することによって
変色してしまったりお風呂の入浴剤や化粧品なのでも
簡単に変色してしまいます。

そのため銀は変色してしまうことは承知の上で
購入をしましょう。

 

変色したらどうすればいいの

 

変色してしまった時の対処方法としては

磨き直しをするのが一番です。

 

変色してしまった部分は膜のように覆われているので
市販で売っている指輪磨きシートでは取り切ることはできません。

 

また、色々な変色取りの情報がネットに出ていますが

指輪によっては逆に汚くなってしまったり
ついている宝石に傷がついてしまうのでやめておきましょう。

 

磨き直しは購入されたジュエリーショップでしてれますし
費用も1000円から1500円くらいできますよ。

 

プラチナや金も表面いについた傷を磨き直しに出すことで
購入された時のような新品の輝きを土地戻します。

-指輪の研磨, 指輪のクリーニング, 未分類

Copyright© 結婚指輪の相場を解説 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.