ジュエリー職人が語る結婚指輪の相場!

結婚指輪の相場を解説

未分類 素材で選ぶ 結婚指輪(金・ゴールド) 結婚指輪の選び方

結婚指輪でゴールドはNG?後悔しないための指輪の選び方

投稿日:

 


 

結婚指輪の中でも今でもダントツに人気なのが
ゴールドのリングです。

 

特にゴールドは日本人の肌との相性も
とても良いですし

その優雅な金の輝きは
あなたの魅力さらに引き立ててくれます。

 

しかし

多くの女性に選ばれているゴールドであっても
注意しなければいけないポイント
あることをご存じですか?

 

正直ゴールドは良い面が多いため
悪い面に関しては知られていないことが多いんです。

 

そこで今回は
後悔をしないためにはどのようなゴールドの結婚指輪を
選べば良いのかについてお話していきたいと思います。

 

なぜゴールドの結婚指輪で後悔してしまうのか?

先に言わせてもらうと
ゴールドは本当に素晴らしい素材ですし
ジュエリーとしての良い面は本当に多いことは間違いありません。

 

そのため

正直に言ってゴールドのリングを購入して後悔した
という方はあまり多くありません。

 

では

どのようなことに注意をしないと
後悔をしてしまうのでしょうか?

早速その注意点をご紹介してきますね!

 

ゴールドの種類によってイメージが変わる

皆さんご存知かもしれませんが
ゴールド(金)には色々な種類があります。

 

中でも有名なゴールドの種類といえば

・イエローゴールド
・ピンクゴールド
・ホワイトゴールド

 

この3つが一般的に有名な地金なんですが
この3種類の地金にはそれぞれ特徴があるって知っていますか?

 

この特徴を知らずに指輪選んでしまうと
あとあと後悔してしまうのでよく頭に入れてくださいね。

 

では早速、地金選びをする時に気を付けつける
ポイントをご説明します。

 

ピンクゴールドはカジュアルに見えてしまう

ピンクゴールドは日本人の肌との相性がとても良く
指を綺麗に見せてくれる効果があります。

しかし結婚指輪としては微妙な部分があるんです。

 

なぜなら

ピンクゴールドはその可愛らしい色合がとても人気なのですが
どうしても子供っぽく見えてしまうという欠点があります。

 

またピンクゴールドで作られているデザインは細身で
カジュアルなリングが多いので20代、30代の時は良いのですが

歳を重ねるにつれて年齢と結婚指輪のデザインにギャップがでてしまいます。

 

そのためピンクゴールドのリングを選ぶ場合には

・10年、20年後に買い替えをする

・別の地金のリングを重ね付けする

などを前提として購入しましょう。


 

 

ホワイトゴールドにはメッキが必要!?

さらにホワイトゴールドを選ぶ際にも1点だけ注意してほしいことがあります。

ホワイトゴールドはプラチナに近い白金の輝きをもつ地金なのですが
金という性質上、若干黄色味がかった色合いになってしまいます。

 

そのためほぼ100%のホワイトゴールドにはロジウムメッキという
表面に白金の膜をはる加工をしています。

 

この膜を張ることで白金の美しい輝きを保ってくれるという
効果があるのですが
結婚指輪として長い年月付けているとどうしても少しづつ
メッキが剥がれてきてしまいます。

 

もちろん再度メッキをすることは可能ですが、
指輪に付いている石によってはメッキ加工ができないリングもあるので
購入前に必ずメッキ加工は可能な指輪なのかを確認しましょう。

 

低い純度のゴールドを選んでしまった

ゴールドは基本的に18K(金の純度75%)のものが多いのですが
最近では10k(金の純度42%)のリングが増えてきました。

10Kの良いところとして

・リーズナブルな価格で購入できる

・18kと比べても全く見劣りしない

というメリットがあります。

 

しかし、純度が低いため
肌が弱い方は金属アレルギーになってしまう可能性があります。

 

特に付け始めの頃は何ともなかったのに
数年後突然、金属アレルギーが起こってしまうといった
ことが起こる可能性があるので

肌が弱いと感じている方には10Kの指輪を選ぶことはおすすめできません。

故障などのトラブルに対応できない結婚指輪

結婚指輪は長年付け続ける指輪なのでどうしても
自分好みのデザインを優先させて選んでしまいがちです。

 

もちろん自分が気に入った指輪選びをすることが
一番大事なのですが

故障した時やサイズを直したい時に
ちゃんと修理できるデザインかどうかを絶対にお店の人に確認してください!

 

特に指のサイズはとても変わりやすく
長年使っていると1回か2回はサイズをする時期が訪れます。

 

ここでもしデザインを優先してしまい
修理できない指輪を選んでしまうと
そのままタンスの肥やしになってしまいます。

 

そうなってしまわないように
最低限の修理はできる指輪を選ぶようにしてくださいね。

 

後悔のしない結婚指輪の選び方:まとめ

では後悔のしない結婚指輪の選び方を簡単まとめますね。

・ピンクゴールドはなるべく避けた方が良いが
将来買い替えや重ね付けを視野に入れいるなら問題はない。

・ホワイトゴールドの場合にはロジウムメッキが再度かけられる
指輪なのか確認する。

・後々、金属アレルギーが起こる心配がないように
肌の弱い方は純度の高い(18K)の指輪を選ぶ。

・指のサイズはいずれ変わります、そのためサイズ直しが
できるデザインのリングを選びましょう。

簡単ではありますが
最低限このポイントは覚えておいてくださいね。

 

もちろん

このポイントを知っていれば必ず後悔しないとは
言えませんが、これを知っているのと知らないのとでは
選び方が全然違ってきます。

 

一度で良いのでこのポイントを意識して
ゴールドの結婚指輪をしてみてください。

-未分類, 素材で選ぶ, 結婚指輪(金・ゴールド), 結婚指輪の選び方

Copyright© 結婚指輪の相場を解説 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.