ジュエリー職人が語る結婚指輪の相場!

結婚指輪の相場を解説

結婚指輪(チタン) 素材で選ぶ

チタンの指輪を結婚指輪するのはNG?チタンのデメリットとは?

更新日:

チタン 指輪 結婚

こんにちはジュエリー職人の隆です。

今回は「チタン製の結婚指輪」がテーマです。

ここ20年くらいの間に金属の加工技術が大幅に上がったことで

今まで加工が難しかったチタンのジュエリーを作ることが
可能になりました。

 

皆さんもジュエリーショップなどでチタン製の指輪を
見かけたことはあるのではないでしょうか?

 

僕の知り合いでもチタンの結婚指輪を身に着けています。

しかし、その多くの方が
チタンのメリットデメリットを知らずに購入されています。

 

チタンはある意味では非常に優れた点が多い金属ではありますが
実はデメリットも多いんです。

そこで今回は「チタンの結婚指輪」についてお話をしたいと思います。

 

チタンの指輪のメリット

チタンにはプラチナや金にはない優れた点があります。

まずはチタン製指輪のメリットをご紹介しますね。

チタンのメリット

・価格が安い

・硬い金属のため変形しない

・金属アレルギーが起こりくい

・カラーバリエーションが豊富

このようにチタンには
金やプラチナとは違ったメリットがあります。

 

 

<価格が安い>

チタンは他の金属とは違い価格がとても安いため
結婚指輪としてはかなり安く購入ができます。
(1グラム約0,15円 ※2017円10月29日現在の価格)

 

<硬い金属なので変形しにくい>

チタンは最も硬い金属の一つとして有名です。
そのた指輪として日常的に使っていて変形したり
曲がったりするといった心配はありません。


 

<金属アレルギーが起こりにくい>

チタンは人間の身体からでる汗やリンパ液に触れても
身体にアレルギー反応を起こす金属が溶けて流れだすことが
ないので、金属アレルギーの方でも安心して身に着けられます。
(※ただし、絶対に金属アレルギーが起こらないわけではありません。)


 

<カラーバリエーションが豊富>

これもチタン特有のメリットですね。
色々な色付けの方法がありますが、チタンに特殊な電気を
流すことによって様々な色を付ける事が可能です。

 

これらがチタンならではのメリットです。

 

こんなに優れた素材なのにデメリットなんてあるの?

そのように思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?

それでは次はチタンのデメリットをご説明しますね。

 

意外と知らないチタンのデメリット

・サイズ直しなのどの修理ができない

・チタン自体の価値が低い

・デザインに面白味がない

・宝石を付けることができない

・徐々に色が剥がれてしまう

・安いチタンの場合金属アレルギーが起こる

 

え、こんなにデメリットがあるの?
と言った感じではないでしょうか。

 

では早速説明しますね。

<サイズ直しなどの修理ができない>

チタンは非常に硬い金属のため職人が手で加工することができません。
そのためサイズ直しや宝石を入れたりといった加工ができないんです。



<チタン自体の価値が低い>

プラチナや金であれば貴金属としての価値がとても高いので
いざという時にお金に換えることができますが、
チタンには貴金属としての価値がないので高いお金を出して
購入するには疑問が残ります。



<デザインに面白味がない>

チタンはとても硬い金属のため機械で削り出して指輪にします。
そのためジュエリー職人が手作りで加工するのとは違い
シンプルなデザインの指輪しか作ることができないんです。


 

<宝石を入れることができない>

プラチナや金であれば石留といった、指輪に宝石を入れる技術で
好みの宝石を指輪に付けることができますが。
チタンの場合は加工が難しくこの石留めの技術が使えません。
稀に石が付いているリングもありますが接着剤などでくっつけている
場合が多いので使用しているうちに取れてしまう可能性が高いんです。


 

<徐々に色が剥がれてしまう>

チタンに特殊な電気を流すことで表面に色を付けるができるのですが、
あくまでも表面に色が付いているだけなので日常的に使っていると
表面にキズが付きどんどん表面に付いた色が剥がれてしまいます。


 

<低品質のチタンの場合は金属アレルギーの危険ある>

通常、チタン製の指輪はチタンの純度が高いため
金属アレルギーの心配は少ないのですが、お店によっては
純度の低いチタンを使っている場合がるあるので
金属アレルギーが起こってしまう可能性があります。

 

このデメリットを見てみると
実はチタンのメリットがデメリットになってるケースが
あるんです。

 

チタンは結婚指輪に向いているの?

ではチタンは結婚指輪に向いていないのでしょうか?

 

ジュエリー職人の意見として言うのであれば

「結婚指輪にはむいていない」と思います。

 

なぜなら

結婚指輪は長い年月、指にはめ続けるからです。

 

指のサイズは歳を重ねるごとに絶対に変わるので
サイズ直しができないチタンは結婚指輪にむいていません。

 

また、チタンはプラチナや金に比べて安く購入できますが
貴金属としての価値が低いため結果的には
値段と価値が見合わない指輪になってしまいます。

例えるなら10グラムのチタンの指輪が3万円で
売られているといったことが現実によくあります。
※チタンは1グラム約0,15円くらいです。

 

しかし、次のような方にはチタンの指輪をおすすめします。

・とりあえず低予算で結婚指輪を購入したい

・シンプルなデザインが好き

 

といった場合であればチタンの指輪でも全く問題ないと思います。

 

まとめ

チタンにはメリットがある反面
多くのデメリットもあることを知っておく。

<チタンのデメリット>

・貴金属としての価値が低い

・サイズ直しなどの加工ができない

・シンプルなデザインしかない

・長い年月の使用には向いていない

 

もし、現時点でチタンの指輪を購入しようと考えているのであれば
デメリットを把握したうえで購入してくださいね。

-結婚指輪(チタン), 素材で選ぶ

Copyright© 結婚指輪の相場を解説 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.